ハントンについて

ハントン訪問看護

グループホームパレット

トピックス

プレスリリース

コミック

リンク

インフォメーション

トップページ

2010年6月22日
訪問看護ステーションを設立〜ニュートラルなステーションをめざして〜
西井拓也 ⁄ 精神科看護 2005年11月号掲載
■5:医療関係者ではない事業者として
医療関係者でない私が有限会社で訪問看護に携っていくということは、大変なことだと思います。私に悪気がなくても、業界の習わしを知らないために周囲に迷惑をかけるかもしれません。私の普通の感覚が、医療関係者にとってはとんでもないということがあるかもしれません。
訪問看護ステーション立ち上げを検討していた時期から、その部分が心配で迷っていました。そのことを友人に語すと「むしろ医療関係者でないほうがよい」というのです。「経営者が中途半端に医療関係者だったら、組織としての方針を定めにくいし、外の風が入ったほうが活性化すると思う」ということでした。彼のいわんとすることはわかりますが、地域での関係づくりがうまくできないかもしれないという心配がなくなったわけではありません。実際、医療関係者にご挨拶をすると、壁を感じることが何度かありました。
そんな中、私が医療界に入ってくることを期待してくださっている方もいてくださいました。「どの医療機関ともつながりのない、独立した組織というのはニュートラルな状態だからフットワークが軽くてよい。これは画期的なことなんです」といってくださったのです。
私の懸念していたことを、逆にステーションの1つの特徴にすることができました。地域で居場所があるのは本当にありがたいことですが、同時に医療機関との連携は、それだけ細やかな配慮が必要だと感じました。
ハントン訪問看護ステーションは、地域のクリニックや保健所から利用者様を紹介いただいています。応援してくれている人が1人でもいてくださるのは、とても心強いです。

■6:リサーチの開始
事業を興すというのは、完全に見通しが立ってからでは遅すぎると思います。統計があって、どうすればうまくいくかというデータや書籍がある段階になってから参入するのでは遅いです。リスクがない分、チャンスもすっかりなくなってしまっているからです。しかし、「統計データはあるけれど、どうもうまくかないらしい」という場合は、まだ大丈夫です。訪問看護をリサーチすると、「どうもうまくいかないらしい」という情報が多くありました。
設立までに行ったリサーチは表1のとおりです。
表1:設立までに行ったリサーチ
●訪問看護ステーションの訪問と所長をされている方のお話を聞く 5件
●許認可申請などの手続き上の役所との往復 設立までに7回
●同行訪問看護の体験 1回
●研修への参加 1件
●その他インターネットでのリサーチや電話問い合わせ 数限りなく

中には貴重な情報を惜しげもなく教えてくださる方もいて、とても勇気づけられました。そして、総合的に見ると、訪問看護は非常に厳しいというのが現状だということがわかってきました。チャンスはあるかもしれないけれど、かなりしんどいという覚悟は必要でした。
むしろ私は、それで少し安心できました。ラクラクでうまくという話であったら、訪問看護はやっていなかったと思います。簡単に取れてしまう資格が役に立たないのと同じように・必ずうまくいくという仕事は、どこかに思わぬ落とし穴があるからです。
リサーチはある程度してやめることにしました。事業を始める前は、非常に不安な思いがあるために、情報収集にあけくれてしまいがちです。それでは安心できる情報を得られるまで動きだすことができません。安心できる情報を得られる頃には、チャンスは少なくなっています。
リサーチを終えてステーション設立に本格的に動きだしたのは、設立の6か月前のことでした。
掲載ページ 1 2 3 4 5 6
サイト内の画像及び本文の無断転用・複製はご遠慮ください。