ハントンについて

ハントン訪問看護

グループホームパレット

トピックス

プレスリリース

コミック

リンク

インフォメーション

トップページ

ハントンの仕事を、マンガで紹介しています。少しずつ更新していきます。
ナースの一日 その2
前へ 次へ
午前中の訪問に出かけます。

交通事故に遭わないように、安全運転を常に心がけます。

今日は、原付バイクで行きます。小回りが効くバイクは、訪問看護との相性が良いです。(電動自転車を使うこともあります)
   
1件目の訪問は精神疾患の利用者さんです。服薬状況の確認や、会話を通じて心の状態を感じていきます。

ハントンでは、統合失調症をはじめ、躁鬱(そううつ)や不安神経症など、精神領域の看護を専門にしています。

精神科の訪問看護は、一般的な訪問看護と違うのでわかりにくいと思います。徐々に説明を交えてきます。
   
次の訪問先に向かいます。
原付バイクは、駐車ペースが無い利用者さん宅や、渋滞が多い道で威力を発揮します。

訪問看護では、トイレを探すのに困ることが多いのですが、バイクだと、コンビニのトイレを借りるのもスムーズに出来るので、助かります。

くどい用ですが、交通事故には注意が必要です。次の訪問に遅れそうなときでも、安全確認をしっかりと。
   
2件目の訪問は、短時間で終りました。
1件の訪問看護で滞在する時間は、利用者さんによってまちまちで、平均30分〜1時間30分くらいです。

訪問のあとで利用者さんが買い物に行かれるので、途中にある近所の公園まで一緒に行きました。季節の移り変わりを一緒に感じたり、そばで寄り添うだけで、癒される時間になります。
サイト内の画像及び本文の無断転用・複製はご遠慮ください。